「いのちの人形」横関大

プロローグに登場した 子供は 誰だったんだろう。

読んでいる 途中から 考えていました。

この本は 希望を与えてくれる本です。

なぜか 人間は 遺伝で すべて 決定してしまわない。

環境によっても 変わることができるんだ。

どんな犯罪者でも

もし 育った 環境が変われば 親の愛情を ちゃんと

受けて育ったならば

変わることができる。

横関さんは 言いたかったのでは ないでしょうか。

また 逆も 真なりで。

いくら すぐれた 遺伝子を持っていても 環境が ないと

それを開花できない。

クローンの是非は 皆さん 考えてください。

ところで プロローグの 子供は 私は 竜生さんだと思うんですが どうですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です