「お探し物は図書室まで」青山美智子著

なぜか みんな つながってくる。

なぜ この本を 推薦してくるの。

なぜ フェルトの作り物。

あなたには これね。付属品。

おまけみたいなものね。

でも これが おまけ以上の 意味があるんですね、

でも 小町さんは 適当に 選んでいるんです。

そこが 良いんですよね。

気に入った言葉は

「どんな本もそうだけど、書物そのものに力があるというよりは、あなたがそういう読み方をしたっていう。そこに価値があるんだよ」p165

10人十色と言いますものね。

本の読み方に 正解も 不正解もない。

必要な本は 必要な時に 与えられる。

しかし 行動しないと 得られないことも 確かです。

青山さんの 本。

ほかにも 読んでみたくなりました。

この本の続編は 出るんでしょうか。

出ると良いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です