「アルルカンと道化師」池井戸潤

読んで スカッとしましたね。

読んでいる最中は これでもか そこまで いやがらせする。

銀行って 陰湿だね。

分かっているんですよ 最後には 半沢が 倍返しするのは。

でも はらはら するんですよね。

水戸黄門と なにか 通ずるものがあるんですよね。

でも 黄門様には 印籠がありますが。

半沢は いち 銀行員。

半沢の印籠は なんでしょうかね。

人脈ですかね。

ドラマと違って 土下座は ないと 聞いていましたが。

本当に 原作には 無いんですよね。

ドラマは 終わってしまいますが 半沢は 永遠ですね。

池井戸さん 次回作 期待しています。

ちょっと ストレスがある方には スカッとする 一冊ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です