「スピードリーダーシップ」中谷彰宏7

改革には、

痛みをともなうことを

覚悟する。

改革には

良くなる面と 悪くなる面があります。

全部が 良くなることは

ほとんどありません。

だから どこかに

痛みが 伴います。

でも そこで 改革を 断念すると。

将来に 問題が 生じます。

だから 痛くても

やらないといけないのです。

その覚悟が 必要です。

今日も 新しいチャンスを見つけに 行って来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です