「スピード危機管理」中谷彰宏16

責任は誰がとるか

という議論は、しない。

責任は 誰がとるか はっきりしないと

後にも 先にも 

進まない。

これでは 物事は 速くなりません。

問題が起きた時

責任よりも 対処が 必要です。

誰がよりも どうするかということです。

官僚主義が その 最たるものです。

悪しき官僚主義にならないように

常に 考えていないと いけません。

今日も 新しいチャンスを見つけに 行って来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です