「チルドレン」伊坂幸太郎著

「サブマリン」を 読んでから 

ぜひ 読みたかった本です。

結論

読んで 本当に 良かったです。

12年後を 先に 読んでしまったので

なんか タイムスリップしたような感覚ですね。

こんな 読み方も 良いかな。

順番に読むのも 良いですけれど。

今回の キーポイントは

わたしは 奇跡だと 思っています。

奇跡とは 時間を 越えて起こること。

時間をかければ 

出来ることを

もっと 時間を短縮すること。

続編は あるのでしょうか。

伊坂さん よろしくお願いします。

講談社
発売日 : 2007-05-15