「天使の図書館」見ました。

小芝風花さんの 作品ということで 見てみました。

「同期のサクラ」の高畑充希さんと ダブって見えました。

いかに 成長するかを 楽しみにしていましたが

あまり 成長しませんでしたね。

小芝さんのほうが 機械 ロボット的でした。

司書という仕事が わかるという意味では

見る価値が あるとも 思いました。

小芝さんの 違う面を見れて

小芝ファンには たまらない 一本だと思います。

小芝さんには 期待している 一人としては

ちょっと 物足りなさを 感じる 作品でした。

コミカルさが 無かった点でしょうかね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です