「天保十四年のキャリーオーバー」五十嵐貴久著

私の好きな アメリカ映画で

『スティング』があります。

頭を この映画が よぎりました。

まだの方は

見てください。

私も もう一度 見たくなりました。

内容的的には この本と 同じです。

こちらの時代は 江戸時代。

いかに いかさまをやるか。

告げる人を いかに

足止めさせるか。

ここは 最高でしたね。

全員 方法が 違いました。

五十嵐作品 ちょっと 注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です