「希望病棟」垣谷美雨著

後悔病楝の続編。

もちろん 人生をやり直す。

ちょっと 違いましたね。

末期がんの患者が

絶望からの生還。

死んだつもりになれば

なんでも 出来る。

私も 今でも その気になれば

なんでも 出来るんです。痛感。

今回で 不思議な 聴診器の 変遷が わかります。

続編は 摩周湖のお母さんのお話。

それとも テル子先生の続編。

第三の先生ですかね。

垣谷先生 続編 楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です