「推理は空から舞い降りる」喜多喜久著

管制官に 一番必要な 素質とは 何か。

この小説のテーマですね。

いろいろ 考えながら 読んでいました。

尊敬するおばさんに インタビューの録画が 出てきたときは

ここで わかるのか。と思いましたが。

主人公は そこは 見ませんでした。

自分で 探さなくては 意味がないと。

答えを見つけ 確かに でも そんなこと。

どんな 職業でも 重要なこと。

それが何かは 本文を読んでください。

キーポイントは 神の声

神の声を 実際 聞いたことはありませんが。

虫の知らせは 良くあります。

ここ行くと やばいかも。

そういう時は 避けますね。

実際 行ったら どうなったかは わかりませんが。

この小説は お仕事 小説に ランクされると 思いますが。

管制官を 目指す人には 参考になりますね。

喜多さんの 新しいジャンルですね。

化学も いいけれど この分野も 良いですね。

続編 期待しています。

今日も 新しいチャンスを見つけに 行って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です