「敵対的買収」清水一行著

長野県の諏訪を 中心に

展開したので

ちょっと うれしかったです。

でも 内容的には

最後が あっけなく 物足りなさを

感じたのも 本当です。

1990年当時は 

珍しかったのでしょうが

今では 日常茶飯事です。

逆敵対的買収も 珍しくないです。

企業小説の 先駆け

清水一行さんの作品。

久々だったので

楽しく読めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です