「死神の精度」伊坂幸太郎著

伊坂さんの 本 ぜひ読んでみたかった。

たしか 私の好きな作家さんの読後レビューに

伊坂さんに 似てますよね。って 書いてあったので

すごく 関心があったのです。

今回 機会があり
 
読んでみました。

あれー どこかで 聞いたお話だぞ。

そうです。

同名の 映画を 最近 見たんです。

すごく 面白かった 記憶があります。

原作に こんな形で 会えるとは

もう一つの 読書の 楽しみですね。

なんか この主人公の死神

憎めないんですよね。

知っていても 当たり前の言葉を 

知らなかったり。

変に いろいろなことを 知っていたり。

もし 私の近くに こんな人がいたら

一度 死神かなと

今後は 疑ってみます。

そうしたら 一週間後には 死んでしまうのですが。

今年の前半は 伊坂ワールドで

行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です