「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨著

コーヒーに詳しくない私でも

すごく 楽しめました。

最後に ええ そうなのと 

意外な 展開に 最後まで

楽しめました。

残念なのは 

京都の 地理が わからなかったので

面白さが 半減してしまったことです。

シリーズ化しているので

その後も 読んでみたいと思います。

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です