「貯金兄弟」竹内謙礼著

5年前の 私だったら。

弟に 共感していたでしょう。

でも 今の私だったら

兄弟 どちらにも

賛成できないでしょう。

第三の道を 選択しています。

投資という観点が

この小説には 抜けています。

古き良き 日本の姿です。

金融知識を 勉強するには

良いと思いますが。

他の作品も 機会があれば

読んでみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です