「面白ことは 上司に黙ってやれ」春日和昭著

この本の題名にひかれて

読んでみましたが。

ちょっと 残念でした。

昔のソニーには 

そんな 伝統があった。

どんなに 上司に反対されても

やりとおした。

今は 無いみたいです。

結局 春日さんは 

ソニーを飛び出し

自分が 社長 一番上の 上司になった。

題名と ちょっと 違うような

気がするのは

私だけでしょうか。

面白いことは 会社を出て やれ。

という 本のタイトルのほうが

良かったのでは。

でも これだったら

私は 読みませんでしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です