祝 駒澤大学 2021箱根駅伝

まさかの3分の差を ひっくり返しての 優勝でした。

でも 9割は 創価大学の 舞台でした。

今年の箱根の 主役は 創価大学でしたね。

M1みたいに 優勝者よりも 準優勝のほうが 目立った。

10区で タスキが渡った時点で 私は 創価の 初優勝だと思っていました。

見ているほうは 漫画みたいで 面白かったですが。

しかし これで 駒澤の 時代が 当分は 続きそうですね。

箱根は 5区 6区が 問題ですから。

5区は 一年生。6区は 三年生

まずは 来年は 安泰ですね。

来年の 目玉は 創価大学ですね。

都道府県対抗駅伝が中止のため 

これで 駅伝は とりあえず 終了になります。

ええ 伊那駅伝があるじゃないか。

でも こちらも どうなるか わかりませんからね。

今日も 新しいチャンスを見つけに 行って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です