2020 富士山駅伝 名城大学 3連覇

終わってみれば 名城大学の 圧勝でした。

戦力的に見ても 無難でした。

全日本大学女子駅伝と 併せて 3年連続 2冠です。

もう少し 大東文化大学 立命館大学が 意地を見せるか

楽しみだったのですが。

その点は 残念でした。

箱根駅伝に 対抗して 作られたものでしょうが。

どうなんでしょうか。

山登りは 世界と戦うために 本当に 必要なのでしょうか。

箱根の 山の神たちが その後 苦労しているのを 見ると

少し 考えても 良いのでは ないでしょうか。

確かに ドラマは あります。

見ているほうは 楽しいです。感動します。

世界と 戦うためには 疑問です。

そして 大学女子の レベルアップの 必要性を 痛感します。

先日の 日本選手権の 5000メートル 10000メートル。

大学生の 活躍が 見られませんでした。

高校卒業して 実業団に 行ったほうが 伸びるのでは ないでしょうか。

大学 4年間は 無駄とは 言いませんが

すごく 遠回りのように 感じます。

特に 女子については。

皆さんは どのように 思いますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です